トップページ蝋・硬化油の融点一覧表(温度順)>カルナバ蝋(カルナバワックス・カルナウバロウ)
 
 
カルナバ蝋・カルナバワックス・カルナウバロウ・カルナウバワックス
カルナバ蝋

【名称】 カルナバ蝋(カルナバワックス)
【別名】 カルナウバロウ(カルナウバワックス)
【融点】 82.8℃
【形状】 フレーク、粉末、粒状

【色調】 微黄色~黄色
【原料由来】 カルナバヤシの葉に分泌される蝋

   
ブラジル北部の高地に自生栽培されているカルナバヤシの葉面、とくにその裏面に粉状に分泌される蝋を採取して得られます。
 
カルナバ蝋は葉の部位によってタイプを区分します。カルナバヤシの木の先端にふく粉は上質で、1号または2号タイプと呼ばれ、全体の約20%の蝋がこの部分から採取されます。
 
上部の葉から下に向かって品質が徐々に悪くなり、残りの約80%は3、4号および5号タイプとして生産されます。
 
植物性のハードワックスの中でも硬度・融点ともに最も高く、用途として代表的なものはカーワックスです。
その他にも化粧品、つや出し剤(キャンディ、丸薬、紙など)、医薬品(軟膏、膏薬)など多くの用途があります。
 
形状は画像のフレーク状のもののほかに粉末状、粒状のものもございます。
 
 
 
この商品は当社オンラインショップでお買い求めいただけます。